横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。皆様の身近な良きパートナーとなり、会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。

お客様情報

株式会社井戸屋様がテレビ神奈川に出演されました!!
[ 2015年08月27日 | お客様情報

横浜中央経理の顧問先である株式会社井戸屋様が平成27年8月10日12時からテレビ神奈川の「ありがとッ!」に出演されました。

放送内容は災害用水洗トイレiDotec Toiletの紹介です。綾久代表取締役社長と綾紀子常務取締役のお二人が出演しています。

IMG_2417

IMG_2418

 

iDotec Toiletはこれまで各種新聞社や経済紙などでたびたび取り上げられてきましたがテレビ放送は初めて。しかも生放送ということでお二人ともはじめはやや緊張気味に見えました。スタジオにiDotec Toiletを持ち込んで実際に使用してもらっていました。

IMG_2419

そのときに社長がこんなことを話していました。

「東日本大震災のとき、被害の大きかった東北地方ではトイレはどのようにしていたのかご存知ですか?」と。私も考えましたがわかりませんでした。

実は、東日本大震災のときのトイレはダンボールに穴を開けてビニール袋をかぶせたものだったそうです。このダンボールトイレのコストには私も驚きました。人は最低でも1日5回はトイレを使用するそうで、1回にかかるコストは160円。横浜市民は370万人ですので・・・370万人×5回×160円=約30億円。横浜市だけで、トイレに1日30億円かかるのです。1日30億円もかかるのに落ち着いて座れない、不衛生、人目も気になる・・・。我々は災害時のトイレについて真剣に考えなくてはなりませんね。特に女性にとってはトイレは深刻な問題でしょう。

IMG_2421

IMG_2423

この問題を全て解消したiDotec Tilet。便器は普段私たちが使用しているものと同じで、井戸水を使った水洗式にしてあるので、1回で500mlの水が流れます。そしてトイレはテントで覆い隠すので人目も気にならず安心して使用できるそうです。

IMG_2425

 

綾社長は今回の出演で、とにかく災害時のトイレ問題を私たちにも真剣に考えてほしいと訴えていました。それは東日本大震災時の被災者からのアンケートでトイレに関する件が深刻だったことを知っているからこそです。

IMG_2426

 

なお、井戸屋様は茅ヶ崎市からの依頼により、小中学生を対象に対話講座を開くことが決まっています。

 

テーマ:トイレで減災大作戦!~みんなの力で快適空間~

日時:平成27年10月14日(水)10時~12時

場所:茅ヶ崎市ハマミーナまなびプラザ しろやま公園

 

時間のある方はぜひ参加してみてください。

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報