横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。皆様の身近な良きパートナーとなり、会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。

中小企業お役立ち情報

平成28年1月から、雇用保険の届出にはマイナンバーの記載が必要になります

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)は、社会保障・税制度の効率性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現することを目的として、導入されます。

いよいよ来年の1月より、雇用保険の届出には、マイナンバー(個人番号)の記載が必要になります。

 

また、同時に、事業所の設置届などに法人番号を記載してハローワークに届け出ることも必要になります。

 

マイナンバー(個人番号)の収集にあたっては、事前に本人確認として、個人番号の確認と身元(実存)確認をすることが必要です。具体的には、個人番号カードによる確認または通知カードと写真付き身分証明書(運転免許証など)による確認が必要です。

また、事業所としては、マイナンバーを含む個人情報の漏えい、滅失または毀損の防止などの安全管理措置の実施や特定個人情報を委託先に提供するときには、委託先の適切な監督などの措置が必要です。

 

なお、雇用保険の手続きに必要な様式も新しくなる予定です。

 

様式の案、また詳細は、以下の厚生労働省URLにございますので、ご参照下さい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000087941.html

 

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報