横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。皆様の身近な良きパートナーとなり、会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。

中小企業お役立ち情報

社会保険・労務のよくある質問 その8

◎我が社の就業時間は7時間ですが、7時間を超えて時間外労働させた場合の残業代はどうなるのでしょうか?

時間外労働には法定内残業と法定外残業があります。
労働者に時間外労働をさせた場合、残業代を支払わなければなりません。
労働時間は1日8時間・1週間40時間以内と労働基準法で定められています。
この労働時間を法定労働時間といい、就業規則などで定めている労働時間のことを所定労働時間といいます。
所定労働時間は使用者が定める時間になりますので、必ずしも法定労働時間と同じとは限りません。
法定労働時間を超える時間外労働のことを法定外残業といい、所定労働時間は超えているが法定労働時間は超えない時間の残業のことを法定内残業といいます。
法定内残業に対しては通常の賃金を支払えば足りますが、法定外残業は通常の賃金では足りず、賃金に一定割合を乗じた割増賃金を支払わなければなりません。

<例>
就業時間:9:00から17:00(休憩1時間)
1時間あたり1,000円の場合(月給は1ヶ月の平均所定労働時間で除した金額)
① 9:00から18:00まで働いた場合
所定労働時間を基準とすれば1時間の残業ということになりますが、合計の労働時間は8時間ですので,労働基準法の法定労働時間の範囲内です。
この残業は所定労働時間は超えているが、法定労働時間内の残業になりますので、割増率を乗じる必要はありません。
したがって、17:00~18:00は1,000円を支払えばいいことになります。
② 9:00から19:00まで働いた場合
17:00から18:00までは法定内残業ですが、18:00から19:00までは法定労働時間も超え、法定外残業ということになりますので、法定外残業部分については、割増率25%を乗じた1,250円を支払う必要があります。
また、22:00を超えた場合はさらに25%(通算50%)を追加する必要があります。

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報