横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。皆様の身近な良きパートナーとなり、会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。

中小企業お役立ち情報

定時決定とは?

被保険者が実際に受ける報酬と、標準報酬月額が大きくずれないように、毎年1回、全被保険者の報酬月額(給料の総支給額)を届け出て、標準報酬月額を決めることになっています。これを「定時決定」といいます。

 

定時決定は、7月1日現在、事業所に在籍する全被保険者が対象となります。

4月・5月・6月の各月に被保険者1人1人に支払われた報酬月額をそれぞれ平均し、その平均額を算定基礎届に記入して提出します。

提出時期は7月1日~10日で、提出先は日本年金機構です。

また、算定基礎届とあわせて「算定基礎届総括表」、「算定基礎届総括表附表」の提出も必要です。

なお、この決定された標準報酬月額は、原則としてその年の9月1日から翌年の8月31日まで適用されます。

 

<留意点>

・下記の①、②に該当する方は届出の対象から除かれます。

  1. 6月1日以降に新たに被保険者になった人
  2. 7月に月額変更が行われる人

 

・報酬月額は、給与の基本給だけでなく手当も含めた金額になります。

例えば、6ヶ月分の通勤手当が支給されたときは、4月から6月分の3ヶ月にそれぞれ6分の1の額を算入して報酬月額を計算します。

 

・月給制で月末締め翌月支払いのように、前月分の報酬を翌月に支払っている場合でも、4月から6月の各月に実際に支払った報酬の額を用いて計算します。

 

・70歳を超えて勤務される方については、算定基礎届の他に別途届出が必要となります。

(申請書名:厚生年金保険70歳以上被用者 算定基礎 月額変更 賞与支払届)

・報酬の支払対象となった日数(報酬支払基礎日数)が1ヶ月17日以上ある月が対象となります。

※パートタイマー、アルバイト等の短時間就労者は、17日以上の月がある場合17日以上ある月が対象となり、3ヶ月全て17日未満であるが15日以上の月がある場合は15日以上17日未満の月が対象となります。

 

・平成28年10月1日から適用対象となった短時間労働者の場合は、支払基礎日数は11日以上の月が対象となります。

【具体例】

 

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報