横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。皆様の身近な良きパートナーとなり、会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。

中小企業お役立ち情報

雇用保険の育児休業給付金の支給期間が最長2歳まで延長されます!

<概 要>

育児・介護休業法の育児休業期間延長の改正に伴い

平成29年10月1日から、雇用保険の育児休業給付金の支給期間が2歳まで延長されることになりました。

保育所等における保育の実施が行われないなどの理由により、子が1歳6か月に達する日後の期間についても育児休業を取得する場合、その子が2歳に達する日前までの期間、育児休業給付金の支給対象となります。

 

<要 件>

●給付金の延長できる理由

①育児休業の申出に係る子について、保育所(※)における保育の利用を希望し、申し込みを行っているが、その子が1歳6か月に達する日後の期間について、当面その実施が行われない場合

②常態として育児休業の申出に係る子の養育を行っている配偶者(※)であって、その子が1歳6か月に達する日後の期間について常態としてその子の養育を行う予定であった方が死亡、負傷、疾病等に該当した場合

※保育所等は、児童福祉法第39条に規定する保育所等をいい、いわゆる無認可保育施設はこれに含みません。

※いずれも子の誕生日が平成28年3月31日以降の場合に限ります。

 

<手続きの方法>

●子が2歳に達する日前までの期間について支給対象期間の延長手続きは以下の①・②のいずれかの際に行います。

①子が1歳6か月に達する日前の支給対象期間の申請の際

②子が1歳6か月に達する日以後の日を含む支給対象期間の申請の際

 

その他改正ポイントの詳細は厚生労働省のホームページをご覧下さい。

 

厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000169691.pdf

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報