横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。新卒採用、中途採用随時募集中です。

利子補給制度 東京都

目黒区
[ 2018年08月03日 | 利子補給制度 − 東京都

目黒区の中小企業向け制度融資は、区内の中小企業の方が、事業経営の安定や設備の近代化等を図る際に必要な事業資金を低利で利用できるよう、取扱金融機関に対してあっせんするものです。制度ごとに負担利率が定まっており、どの取扱金融機関でも同じ利率でご利用になれます。

一部をご紹介致します。

 

「中小企業資金融資(マル目)」

対象:

一般の資金使途に応じられる融資

優遇利率の適用には、以下のいずれかを満たすこと

(1)環境配慮の設備を導入すること

(2)目黒区内の商店会に加入していること

貸付限度額:

運転・設備 2,000万円(1組合 3,000万円)

返済期間:

運転・運転設備併用5年以内(据置6か月を含む)、設備7年以内(据置6か月を含む)

利率:

1.8%以内(区補助0.4%)本人負担1.4%以内

優遇利率と同時に受けることはできません

 

 

「中小企業創業支援資金融資(創業)」

対象:

区内に主たる事業所(法人の場合は登記上の本店所在地を含む)を置いて中小企業を創業しようとする事業者(創業後1年未満を含む)を対象とした融資 信用保証料の全額補助が受けられます

次の(1)から(3)のすべての要件を満たし、AまたはBのいずれかに該当すること

(1)本融資に係る事業以外には事業(不動産賃貸業を含む)を営んでいないこと

(2)住民税を滞納していないこと

(3)原則として事業に必要な許認可を受けていること

A.融資申込時に事業を営んでおらず、融資希望額と同額以上の自己資金及び具体的計画を有し、個人は2か月以内、法人は3か月以内、特定創業は6か月以内に創業できること(設立登記後1年未満で事業を開始していない法人を含む)

B.融資申込時に事業を営んでいるが、事業開始(売上発生等、客観的に事業開始が確認できる日)から1年未満であること ただし、法人にあっては会社設立登記日から1年未満であること

貸付限度額:

運転・設備 1,000万円(特定創業 1,500万円)

ただし、上記Aについては1,000万円(特定創業は、1,500万円)を限度に自己資金の範囲内

返済期間:

運転・運転設備併用 7年以内(据置1年を含む) 設備 9年以内(据置1年を含む)

利率:

1.8%以内(区補助1.5%)本人負担0.3%以内

 

 

融資内容によって条件が異なります。

※下記リンク「平成30年度目黒区融資あっせん制度一覧」内の中小企業創業支援資金融資と中小企業災害復旧支援融資には信用保証料の全額補助があります。

 

下記URLをクリックすると東京都目黒区のホームページにリンクします。ご参照下さい。

 

平成30年度目黒区融資あっせん制度のご案内

http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/shigoto/enjo/yushiassen/ichiran.files/30-2gaiyou.pdf

 

平成30年度目黒区融資あっせん制度一覧

 

http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/shigoto/enjo/yushiassen/ichiran.files/30-2seidoichiran.pdf

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報