横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。新卒採用、中途採用随時募集中です。

中小企業お役立ち情報

【横浜市】小規模事業者設備投資助成金

市内で事業を営む小規模事業者が業務改善や生産性の向上のために行う新たな設備等への投資に対する助成を行うことにより、小規模事業者の成長を促進し、もって本市経済の活性化に資することを目的とします。

 

※小規模事業者とは

常時使用する従業員の数が20 人(商業又はサービス業に属する事業を主たる事業として営む者については、5 人)以下の個人事業主を含む事業者をいう。

 

【対象者】

次の全てを満たしている必要があります。

 

1.設備等を設置する拠点(本社、支社、工場、研究所(部門)、事業所、店舗等)が横浜市内にあり、小規模事業者(フランチャイズチェーンを含む)であること。

2.設備等の設置によって業務の改善又は生産性の向上が見込まれること。

3.申請年度の2月末日までに設置及び実績報告を行うこと。

4.申請者が市税及び横浜市に対する債務の支払等の滞納がないこと。

5.創業から12月を経過していること。

6.申請年度において本補助金の交付を受けていないこと。

詳しくは下記ホームページをご参照ください。

 

【助成対象事業】

事業所等に附属する設備、機械、装置、備品又はソフトウェア等であって、2020年2月28日(金曜日)までに契約、取得、実施及び支払いがすべて完了したものが対象です。

【注意】以下の経費は、助成対象外となります。

1.消費税相当額及び地方税及び地方消費税相当額

2.原材料及び消耗品に係る経費

3.リース取引におけるリース料

4.既存する設備等の撤去、修理又は改修に係る経費

(上記以外にも助成対象外となる経費がございますので、詳しくは

下記のホームページを御覧ください。)

 

【助成対象例】

1.受注増加に対応するため、同じ機械を複数導入する。

2.製品の品質管理のため、古くなった設備を最新式に買い替える。

3.人手不足対策や新たな顧客を呼び込むため、キャッシュレス決済に対応した端末を導入する。

4.生産性を向上するため、新たなシステムを導入する。

 

【助成率及び助成限度額】

対象経費の1/2(限度額10万円)

 

【申請期間】

2019年5月10日(金)から2020年1月31日(金)必着

※予算額を超過した場合は、申請期限前に募集を終了することがあります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

横浜市ホームページ

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/kigyoshien/keieishien/capex/shokibo_setsubitoshi.html

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報