横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。新卒採用、中途採用随時募集中です。

中小企業お役立ち情報

月の途中で入社、退職したときの社会保険料の徴収

①月の途中から入社した場合

保険料は月単位で計算しますので、資格取得した月の保険料から支払う必要があります。

 

②月の途中で退職した場合

退職した日の翌日に厚生年金の被保険者資格を喪失することとなります。

保険料は、資格喪失日が属する月の前月分まで納める必要があります。

なお、月の「末日」に退職した場合は、翌月1日が資格喪失日となりますので、退職した月分までの保険料を納める必要があります。

この場合は、給与計算の締切日によって、退職時の給与から前月分と当月分の社会保険料が控除される場合があります。

 

③入社した月に退職をした場合

厚生年金保険の資格を取得した月にその資格を喪失した場合は、厚生年金保険料の納付が必要になります。

被保険者負担分の厚生年金保険料は退職時に給与から控除され、会社が会社負担分と被保険者負担分を翌月末までに納付することとなります。

ただし、厚生年金保険の資格を取得した月にその資格を喪失し、さらにその月に厚生年金保険の資格又は国民年金(第2号被保険者を除く)の資格を取得した場合は、先に喪失した厚生年金保険料の納付は不要となります。

この場合、年金事務所から対象の会社あてに厚生年金保険料の還付についてのお知らせが送付されます。

厚生年金保険料の還付後、被保険者負担分は会社から被保険者であった方へ還付することになります。(平成27年10月1日~)

健康保険・介護保険料については、従来通り、1か月分の保険料を徴収しなければなりません。

 

従業員の方が退職し、最終賃金の計算をする際には上記事項にご注意いただき、計算をする必要があります。

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報