横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。新卒採用、中途採用随時募集中です。

中小企業お役立ち情報

自転車賠償責任保険加入義務化

「神奈川県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が平成31年4月1日に施行され、「自転車損害賠償責任保険等の加入義務化」については、令和元年10月1日から施行されます。

 

これにより、令和元年10月1日から自転車を利用する方は、自転車損害賠償責任保険等の加入が必要です。

 

近年、自転車による人身事故が多発しており、その際の賠償額が高額化しております。

事例1) 男性が夕刻、片手運転で下り坂を高速度で走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の女性と衝突。女性は脳挫傷で3日後に死亡。賠償額 6,779万円

事例2) 男性が昼間、信号無視をして高速度で交差点に進入。青信号で横断歩道を横断中の女性と衝突。頭蓋内損傷で11日後に死亡。賠償額 5,438万円

 

従業員が通勤の途中で事故を起こした場合は、原則としては会社の責任は問われませんが、従業員所有の自動車、自動二輪車、原付自転車、自転車等の通勤を会社が許可または黙認し、便宜を図っていたような場合には、会社責任を問われたというような事例があります。

会社の対応としては、通勤以外で従業員所有の車輌の使用をさせない、保険の内容を確認する、就業規則を整備・誓約書等を提出させることが必要です。

自動車等の任意保険は通勤特約付保険でない場合、通勤中の事故に関しては補償がされない場合がありますので、ご注意ください。

 

※1 「自転車損害賠償責任保険」は各保険会社により、補償内容に違いがありますので、各保険会社に確認のうえご加入ください。

※2 現在加入されております自動車の任意保険または、火災保険等に個人賠償特約がついている場合があります。この場合保険契約の内容にもよりますが、自転車の事故が補償されている場合がありますので、ご加入の保険会社にご確認ください。

 

自転車損害賠償責任保険等の加入が義務化についての詳細はこちらから

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/f5g/310322.html

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報