横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。皆様の身近な良きパートナーとなり、会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。

中小企業お役立ち情報

医療費控除のおさらい・・・医療費控除の対象となるコンタクトレンズなど
[ 2016年03月02日 | 中小企業お役立ち情報 − 税務

確定申告期限(3月15日)まで、あと2週間となりました。

医療費の領収書の集計をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

医療費控除の対象となるコンタクトレンズがあるのをご存知ですか?

近視などの視力矯正に用いるオルソケラトロジー治療のコンタクトレンズです。

普通のコンタクトレンズは装着しても角膜に影響を与えないのですが、オルソケラトロジー治療のコンタクトレンズは、寝ている間に装着し角膜自体を矯正します。朝外すと裸眼で見えるようになるのですが、目の機能を回復させる治療行為となるため医療費控除の対象となるようです。購入された方は忘れずに医療費控除を受けてください。

 

そのほか、医療費控除の間違いやすい内容についていくつかご紹介します。

通院の際の交通費として、駐車場代やガソリン代は対象外となっています。

また、この冬大流行したインフルエンザなどの予防接種は医療費控除の対象外です。

健康診断(人間ドック)についても基本的は対象外ですが、例外として、この検診により病気が見つかり、その後引き続き治療を受けている場合については含めてよいことになっています。

 

国税庁のホームページ

 

眼科医に払う医療費・人間ドック健康診断等の費用

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122_qa.htm#q2

 

医療費控除の対象となる医療費

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

 

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報