横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。新卒採用、中途採用随時募集中です。

利子補給制度 神奈川県

平塚市 利子補給制度・保証料補助制度について
[ 2018年03月05日 | 利子補給制度 − 神奈川県

1.利子補給制度

平塚市の融資制度により融資を受けた次の借入利息に対し、一定の補助をしています。

対象となる融資              補助内容            補助期間
振興資金(設備資金)           払込利子の2分の1       2年間
経営サポート資金             払込利子の2分の1       2年間
セーフティネット保証資金         払込利子の2分の1       2年間
地球温暖化対策資金            払込利息の3分の2       2年間
経営革新事業支援資金(運転資金)     払込利息の3分の2       2年間
経営革新事業支援資金(設備資金)     払込利息の3分の2       融資完済まで
新創業支援資金(運転資金)        払込利息の全額         融資完済まで
新創業支援資金(設備資金)        払込利息の全額         融資完済まで

 

ただし、振興資金(設備資金)、地球温暖化対策資金、経営革新事業支援資金(設備資金)及び新創業支援資金(設備資金)を利用する際、機械等の購入にあたり、本市補助金等の交付を受けた場合、利子補給は行いません。また、利子補給金及び信用保証料補助金の返還が求められ、指定された期日までに返還されない方については、新たな利子補給金及び信用保証料補助金の交付は行いません。

※利子補給は年2回、半期ごとに行いますが、半期につき上限を12万5千円とし、100円未満は切り捨てます。以下の要件があります。

(1)市税が課税されかつ完納していること

(2)原則として引き続き1年以上本市内に事業所を有し、営業をしていること(ただし、新創業支援資金に係るものについては、これから創業しようとしている者又は創業して2年未満の者も対象とする)

(3)ISO認証取得の融資を受けたものは、融資実行日から2年以内にISO認証取得をすること

2.信用保証補助制度

神奈川県信用保証協会へ支払った信用保証料の一部を補助する制度です。

対象となる融資

「平塚市中小企業融資制度要綱」に基づく融資

補助内容

1.払込額が10万円までの場合  全額(※100円未満の端数切捨)

2.払込額が10万円を超える場合 10万円+(払込額-10万円)×0.5

※中小企業者は25万円(チャレンジアップ資金は30万円)まで、協同組合等は50万円まで
※100円未満の端数は切り捨て

 

※繰上償還し、保証協会から保証料の返済を受けた場合、補助金の全額または一部を返還していただきます。

なお、指定された期日までに返還されない方については、新たな信用保証料補助金及び利子補給金の交付は行いません。

要件

(1)市税が課税されかつ完納していること
(2)原則として引き続き1年以上本市内に事業所を有し営業をしていること(ただし、新創業支援資金に係るものについては、これから創業しようとしている者又は創業して2年未満の者も対象とする)

詳しくは、平塚市のHPまで

www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kigyo/page-c_01599.html

www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kigyo/page-c_01600.html

PICK UP

設立応援キャンペーン

最新記事

過去の記事


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報