横浜中央経理 横浜中央税理士法人

横浜の税理士、会計事務所です。会社設立、相続税申告、税金相談など税務会計を通じて中小企業の発展を支援します。新卒採用、中途採用随時募集中です。

中小企業お役立ち情報

税務
税法はすべての個人・法人に関係するにもかかわらず、そのボリュームは膨大であり、しかも毎年改正が行なわれ、難解な内容も少なくありません。納税者が自ら申告することによって受けられる制度も数多くあり、税法を知らなかったばかりに特典を受けられないということもあります。 このコーナーでは、税務に関する最新の情報を、分かりやすく迅速にお伝えいたします。
2019, 06.04:
金の密輸増加に対応、仕入税額控除制度…

消費税を免れて密輸した金を、国内の買取店で消費税込みで売却し、消費税相当額を不正に得る事例が後を絶たないようです。 懲役又は罰金の罰則も定められていますが、消費税率10%への引き上げも控え、平成31年度税制改正においても…


2019, 06.04:
地方税共通納税システムが導入されます…

2019年10月から地方税共通納税システムが導入されます。 これは、複数の地方自治体へ一括して電子納税をすることができる制度です。   これまで複数の市区町村に支店や営業所を構える法人は、地方税の申告を各自治体…


2019, 05.08:
キャッシュレス決済に伴うポイント還元…

令和元年10月1日から9か月間、対象店舗でキャッシュレス決済をした方へポイント還元がされる制度の内容が徐々に明らかになってきました。 この制度は、消費税増税による消費の冷え込みを打開すると同時に、世界的に遅れているといわ…


2019, 05.08:
個人版事業承継制度

個人版事業承継税制は、青色申告に係る事業(不動産貸付事業等を除きます。)を行っていた事業者の後継者として円滑化法の認定を受けた者が、個人の事業用資産を贈与又は相続等により取得した場合において、その事業用資産に係る贈与税・…


2019, 04.02:
固定資産税の縦覧制度について

 固定資産税は1月1日の所有者に課税される税金ですが、法人税や所得税のように納税者自ら申告して納税する税金(申告納税方式といいます)とは異なり、役所が固定資産(家屋と土地です)を評価し、税額を計算する税金(賦課課税方式と…


金融
金融のページでは、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)や各都道府県の信用保証協会を利用した借入、国・地方自治体の制度を利用した借入、神奈川県内・東京都内などの金融機関がそれぞれ実施している借入などの情報を取り上げていきます。また、リースや政府系共済制度などその他の金融情報についても触れていきます。期間が限定されているものなどもありますのでご注意下さい。※各情報の詳細についてはそれぞれの自治体・金融機関にお問い合わせ下さい。
2019, 06.04:
神奈川県信用保証協会より、中小企業の…

<神奈川県> 神奈川県信用保証協会より、中小企業の経営改善にむけた取組みの案内がでましたので、お知らせします。 保証だけでなく、専門家から無料でアドバイスを受けられる制度等があり、経営問題の解決に向け、保証協会がサポ-ト…


2019, 05.10:
横浜市信用保証協会より、経営支援事業…

<横浜市> 横浜市信用保証協会より、経営支援事業の取組み(お客さまの体験談)が、更新されましたので、お知らせします。    保証だけでなく、保証協会が全額費用負担して、外部専門家を派遣し、経営支援事業を行ってい…


2019, 04.02:
セーフティネット保証5号認定の指定業…

経済産業省が業績の悪化している業種に属する事業を行う中小企業を対象とするセーフティネット保証5号について、平成31年度第1四半期の指定業種を公表しました。指定期間は、平成31年4月1日から6月30日までです。 全体的には…


2019, 03.04:
神奈川県信用保証協会「かんしゃ70」

①概要 平成30年12月23日に神奈川県信用保証協会が創立70周年を迎えるにあたり、協会を利用している中小企業の方々向けに、保証料率を約20%引き下げした保証制度「かんしゃ70」が創設されました。 ②期間 締め切りが迫っ…


保証料・利子補給制度一覧(東京都・神奈川県)
補助金・助成金
全国の省庁、都道府県庁などの公的機関、また民間の財団法人などから企業経営の役に立つ可能性のある助成金制度が多数設けられております。ここでは、企業経営に係わる助成金の一部をご案内させていただきます。是非参考までにご覧いただければと思います。
※ここでは案内しきれない受給要件等もありますので各ホームページをよくご覧ください。
2019, 06.04:
【横浜市】中小企業設備投資等助成金(…

目的   この制度は、近年の情報技術の分野における技術革新の進展により産業の革新的な変化が見込まれる中で、横浜市の中小企業者が、生産性向上のためにIT・IoT(インターネット・オブ・シングス活用関連技術)等の導…


2019, 06.04:
【川崎市】中小企業等人材育成・確保支…

川崎市では 市内中小事業者等の生産性向上や働き方改革に資する人材育成の取組や、生産性向上や働き方改革への取組を進める市内中小事業者等の人材確保の取組に対して、経費の一部を支援します。   公募期間 令和元年5月20日(月…


2019, 06.04:
【東京都】販路拡大助成事業【2019…

都内中小企業者の販路拡大を目的とした、国内外展示会への出展・PR等に要する経費の一部を助成金   【対象者】 次の要件を満たす都内中小企業者 1.都内商工会議所・商工会で「経営診断」を受け、当助成事業の利用が有…


2019, 05.08:
【横浜市】小規模事業者設備投資助成金

市内で事業を営む小規模事業者が業務改善や生産性の向上のために行う新たな設備等への投資に対する助成を行うことにより、小規模事業者の成長を促進し、もって本市経済の活性化に資することを目的とします。   ※小規模事業…


2019, 05.08:
【神奈川県】介護職員研修受講促進支援…

従業者が研修を受講するために必要な受講料や、当該従業者に係る代替職員の配置にかかる費用を、雇用主である介護事業者が負担した場合に、その費用に対して県が補助します。   【補助対象事業者】 県内に所在する介護保険…


社会保険労務
社会保険(健康保険・厚生年金保険・介護保険等)、労働保険(労災保険・雇用保険等)や、それのもととなる労働基準法、厚生年金・国民年金・健康保険法等については知らない間に法改正が行なわれていたり、新しい法律が施行されたりすることが多く事業主様については情報収集が大変かと思われます。
ここでは新しく施行される法律や法改正情報、労務に関しお役に立つ情報などをいち早く事業主様にお知らせしていきます。
2019, 06.04:
社会保険・定時決定(算定基礎届の提出…

定時決定の時期になりました。今年の提出期限は7月10日(水)です。   <定時決定とは> 〇健康保険及び厚生年金保険の被保険者及び70歳以上被用者の実際の報酬と標準報酬月額との間に大きな差が生じないように、7月…


2019, 06.04:
労働保険料の申告・納付

年度更新の時期になりました。 今年の申告・納付期間は6月3日(月)から7月10日(水)です。 手続きが遅れますと、政府が労働保険料・一般拠出金の額を決定し、さらに追徴金を課すことがありますのでご注意下さい。  …


2019, 05.09:
月の途中で入社、退職したときの社会保…

①月の途中から入社した場合 保険料は月単位で計算しますので、資格取得した月の保険料から支払う必要があります。   ②月の途中で退職した場合 退職した日の翌日に厚生年金の被保険者資格を喪失することとなります。 保…


2019, 05.09:
在職老齢年金の支給停止基準額変更

在職中に受ける老齢厚生年金(在職老齢年金)を受給されている方の年金額は、 受給されている老齢厚生年金の月額と総報酬月額相当額により、年金額が調整されます。 平成31年4月1日より年金の支給停止の基準額が変更になりました。…


2019, 04.02:
年5日の年次有給休暇の取得義務対策(…

働き方改革関連法の一つとして「年5日の年次有給休暇の取得義務」がありますが、 この対策として「年次有給休暇の計画的付与制度」が有効的です。 <年次有給休暇の計画的付与制度とは> 年次有給休暇の5日を超える部分について、あ…





業務内容
会計監査・税務
正確な試算表を迅速に作成し、経営判断に役立つ情報を提供致します。また、的確な税務対策で、企業を守ります。
税務調査・相続対策・事業継承
納税者の権利を守ることを最大の使命と考え、税務行政にしっかりとした対応を実践しております。
社会保険・労働保険
各種事務手続き、新規適用手続き、調査立ち会い、就業規則作成や人事労務コンサルタントを行います。
新規創業支援
新たに社会に打って出る起業家を、会社設立からコンサルティング、資金繰り相談まで強力にバックアップします!

融資相談
融資を受けるための適切なアドバイス、金利など返済条件等からみた的確な返済計画の立案などの融資の提案等を行います。
許認可
建設業等の許可申請、入札参加資格申請や経営事項審査を豊富な経験を活かしご提供します。
助成金
各種助成金等の申請・受給のご相談を承っております。また、経営革新等支援機関としてのサポートを行います。
セミナー・イベント等
著名人講師を招いたセミナー、経営者同士で語り合い議論を深める経営相談会や労務対策セミナー等を開催しております。


お客様の声
横浜中央経理ブログ
お客様情報


アクセス
会 社 名
株式会社横浜中央経理
住 所
〒232-0013横浜市南区山王町3-24-8港横浜ビル6F 
連 絡 先
TEL 045-251-9911(代表)/ FAX 045-251-9542
受付時間
月曜日〜金曜日(祝・祭日除く)AM 9:00〜PM 5:00
アクセス
横浜市営地下鉄 ブルーライン「吉野町駅」2番出口から徒歩2分

会社概要を見る
お問い合わせ